粗大ゴミ回収

\粗大ゴミ回収業者をご紹介/

トップページ

粗大ゴミを片付けたい!
でも家電の捨て方が分からない…
大きな家具どうしたらいい?


そんな悩みをお持ちの方へ。

粗大ゴミを回収してくれる業者をお探しの方には、しっかり事前に見積もりを行なってくれる安心の専門業者の利用がおすすめです。

粗大ゴミ回収の無料見積もり依頼なら、エコノバがおすすめ!

日常生活の中でどうしても出てしまう粗大ゴミ。片付けたいけど手間と時間がかかる上に、そもそも処分する方法がよく分からないという方は多いようですね。

そんな時に役立つのが粗大ゴミ回収を専門とする業者。

エコノバは、お住いの地域に合わせておすすめの粗大ゴミ回収業者をご紹介し、一括で見積もりを取ってくれる比較サイトになります。

粗大ゴミ回収業者をお探しなら
エコノバで無料見積もり
をしてみることをおすすめします。

その他、粗大ゴミ回収だけでなく不用品の買取を行なってくれる業者もあります。

「粗大ゴミ回収=有料」と思われがちですが、買取を行なっている業者であれば無料引き取りも可能になるかもしれません。

ただし、無料引き取りを売りにしている業者の中には、不法投棄をしていたり国外へ違法に輸出しているケースもあります。

安易に料金の安さだけで決めることなく、信頼できる業者を選ぶことをおすすめします。

エコノバで一括査定!【無料見積もり依頼までの流れ】

1.WEBで無料見積もり依頼

エコノバ公式サイトにてご依頼内容を入力し、無料見積もり(無料査定)の依頼をします。

ご依頼はカンタン入力で2分で完了!「都道府県」「市区町村」「町名」「依頼したい作業内容」を選ぶだけでOKです。

2.依頼業者へ相談

上記で入力した内容をもとに、お住いの地域で現在対応が可能な粗大ゴミ回収業者が複数表示されます。その業者の中から、粗大ゴミ回収を行なっている業者を選びます。

次に、名前、住所、電話番号、回収してほしい粗大ゴミの詳細など、お客様情報を入力して無料見積もりを一括で依頼します。

一括無料見積もりは最大5社まで可能です。

すると、見積もりを依頼した業者から個別に連絡が入るので、回収費用、回収日時などご希望条件を相談します。

3.業者を選択

ご希望条件に見合った回収条件が見つかったなら、業者を選択して作業を依頼します。

エコノバで紹介される業者はどれも、規約や審査をクリアした信頼できる業者のみ。

安心・安全に利用していただくことが出来ますよ。

粗大ゴミ回収業者の
\無料見積もり・相談なら/

安心・信頼の専門業者をご紹介
利用料会員登録対応地域
無料不要全国
  • 簡単2分で無料見積もり!
  • 最大5社を比較できる!
  • 信頼できる業者のみご紹介!
  • 不用品や引越ゴミの回収も◎
  • 見積もり・相談のみもOK!
  • 成約ボーナスプレゼント中!
↓ 回収可能商品一覧 ↓

家電製品・楽器類など
エアコン、エアコン(業務用)、プラズマテレビ、液晶テレビ、エレキギター、エレクトーン、ピアノ、電子ピアノ、オーディオ、アンプ類、スピーカー類、オイルヒーター、カラオケ機器、加湿器、除湿機、乾燥機、食器乾燥機、キーボード、給湯器、空気清浄機、ゲーム機、コンポ、コタツ、炊飯器、ストーブ、洗濯機、冷蔵庫、扇風機、掃除機、電子レンジ、DVDプレーヤー、生ゴミ処理機、パソコン、パソコンモニター、ノートパソコン、プリンター、ハロゲンヒーター、パチンコ台、スロット台、ビデオデッキ、デジカメ、ほっとカーペット、マッサージチェア、ミシン、ラジカセ など。

家具類など
椅子、机、学習机、サイドボード、食器棚、洗面棚、本棚、タンス類、ソファ、AV台、テーブル、化粧台、パソコンラック、ベッド、アイロン台、仏壇、台所家具、ストッカー、整理棚 など。

一般生活用品・オフィス用品など
カーペット、じゅうたん、衣装ケース、カーテン、観葉植物、キャリア、金庫、健康器具、バイク、自転車、スポーツ用品、ぬいぐるみ、人形、骨董品、ゲーム類、ペット用品、タイヤ、チャイルドシート、ハンガーラック、布団、ベビーカー、ベッドマット、マージャン卓、食器類、物干し竿、ガーデニング用品、DIY用品、工具類、教材、ランドセル、かばん、パーテーション類、オフィス用品全般、オフィス家具全般 など。

業界最安値の回収業者
基本料出張料金対応地域
無料0円全国
  • 無料で現地見積もりOK!
  • 最短30分で出張対応!
  • 業界最安値&追加料金なし!
  • 24時間いつでも回収対応!
  • 電話で依頼相談のみも可能!
  • 親切丁寧なスタッフ対応!
  • 作業依頼のキャンセル料無料!
↓ 回収可能商品一覧 ↓

ゴミ袋・ビン・缶、雑誌の山、テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫、暖房機器、電子レンジ、タンス、ベッド、ソファ、家具、ピアノ、キーボード、楽器、パソコン、プリンター、自転車 など。

対象商品なら宅配送料無料
利用料宅配料金対応地域
無料送料無料日本全国
  • 業界最多の取扱品目!
  • 不用品の無料回収も可能!
  • メールなら24時間受付中!
↓ 回収可能商品一覧 ↓

パソコン・周辺機器
デスクトップ・ノートパソコン、液晶モニター、プリンタ・スキャナ、パソコンパーツ・電子基板、パソコン関連機器、ワープロ など。

家具類など
椅子、机、学習机、サイドボード、食器棚、洗面棚、本棚、タンス類、ソファ、AV台、テーブル、化粧台、パソコンラック、ベッド、アイロン台、仏壇、台所家具、ストッカー、整理棚 など。

一般生活用品・オフィス用品など
カーペット、じゅうたん、衣装ケース、カーテン、観葉植物、キャリア、金庫、健康器具、バイク、自転車、スポーツ用品、ぬいぐるみ、人形、骨董品、ゲーム類、ペット用品、タイヤ、チャイルドシート、ハンガーラック、布団、ベビーカー、ベッドマット、マージャン卓、食器類、物干し竿、ガーデニング用品、DIY用品、工具類、教材、ランドセル、かばん、パーテーション類、オフィス用品全般、オフィス家具全般 など。

粗大ゴミ回収まとめ

粗大ゴミを片付けたい方の中には、粗大ゴミの捨て方がよく分からないといった方が多いかと思います。

こちらでは、お住いの地域から粗大ゴミ回収業者をご紹介するとともに、最大5社まで無料で一括見積もりができるエコノバをご案内しました。

粗大ゴミ回収業者の料金設定はさまざまですが、事前に無料見積もりを依頼することで、一番安い業者を選ぶことが可能になります。

いらなくなったものをお得に処分したい方は、まずは無料見積もりで安心の粗大ゴミ回収業者を選ぶことから始めてみてはいかがでしょうか。

粗大ゴミ回収Q&A

こちらでは、粗大ゴミ回収が気になる方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。ぜひ参考にしてみて下さい。

業者に依頼する前にあらかじめチェックしておくと、業者選びで後悔することがないかと思います。

Q. 見積もり費用が無料の業者って、条件に合わず結果的に業者に依頼しなかった場合は見積費用がかかったりしますか?

A. ほとんどの業者が見積もり無料となっています。ご安心ください。

気になる方は、業者から個別に連絡があった際に、無料見積もりであることなど事前に規約を確認してみてください。

Q. 粗大ゴミ回収業者を選ぶポイントは何ですか?

A. 業者選びのポイントは大きく分けて2つあります。

  • 見積もりでサービス内容を確認
  • 怪しい業者には要注意

粗大ゴミ回収業者を選ぶなら、まずは事前に見積もりを取って、サービス内容をしっかりと確認しておくことが大切です。

なるべく複数の業者に見積もりを依頼すると、料金相場も分かるのでベストです。

そして、粗大ゴミの回収だけでなく買取も行なってくれる業者を選ぶと、料金が安くなりお得になるのでおすすめです。

ただし、回収費用の安さだけで選ぶと、無許可で回収しているなど違法な業者である可能性もあります。違法業者を選んでしまわないよう気を付けてください。

ちなみに、粗大ゴミ回収業者の比較サイトであるエコノバでは、信頼できる安心業者のみご紹介しています。

業者選びに迷ったら、エコノバで見積もり依頼をしてみることをおすすめします。

Q. 粗大ゴミ回収業者の相場が分かりません。料金はだいたいどのくらいになりますか?

A. エコノバ公式サイトで紹介されている都市圏の平均相場をご紹介しますね。

都市軽トラック2tトラック
東京都約26,000円~約70,000円~
大阪府約25,000円~約57,000円~
神奈川県約26,000円~約57,000円~
愛知県約20,000円~約57,000円~
福岡県約11,000円~約30,000円~

これら回収費用はあくまでも目安となっています。正確な料金相場が知りたい方は、無料見積もりにて料金を比較してみることをおすすめします。

粗大ゴミ回収の基礎知識コラム

春は新生活の季節!引越しの準備はいかがですか?引越し業者を決めただけでホッとしてなかなか思うように片付かないという話を聞きます。



何とか荷造りは済んだけれど粗大ゴミの処分を忘れてしまったということもあります。でも、そんな時は民間の回収専門業者をスマホやパソコンで探して連絡してみて下さい。その日のスケジュールに空きがあれば当日中に回収してもらえるかもしれません。しかし、繁忙期にはどの業者も忙しいので即日回収は困難な場合が多いですから余裕を持って準備して下さい。
整理することが苦手でいつのまにか物が増えてしまいどこかのタイミングで片付けようと決心して粗大ゴミ回収業者に電話をする人が多いようです。

でも、やっぱり気になるのは引き取りにかかる値段です。少数だと料金が高くなりがちなのでまとめて処分するなら定額パックを活用したほうがお得になりそうです。部屋の大きさにもよりますが、1ルーム程度の大きさであれば軽トラ1台分で15000円から行ってくれる業者もあります。

あとは、片付ける量が多ければ欲しいお手伝いがあるのかを見積もりの際に確認しておくとよいでしょう。


皆さんは断捨離という単語が耳に入ってきたことありますか?断捨離とは、不要なものを減らし、生活に調和をもたらそうとする思想のことだそうです。

増えすぎた物を片付けるために、リサイクル店であったり粗大ゴミ回収業者を選択する傾向も見られるはずです。

そのタイミングでどうしても不安になるのが処分にかかる値段になります。

破棄する総量が大きいならお買得な定額コースを、総量が少ない時も必ず破棄する物に対しての見積書を出してもらい検討しましょう。

業者ごとに、買い取りもしているみたいなので思いのほか割安に抑えられるのではないでしょうか。
ここ何年かで、「ミニマリスト」ってワードを小耳にはさんだことありますよね。
「ミニマリスト」とは日々の生活に必要な最小限のものだけしか保持しない、物にとらわれない暮らしの事のようです。

本当のところ、知り合いも行なおうとしていましたよ。但し、最終的には進行中にギブアップしたみたいでした。


そうなった原因を人伝に聞いたところ、ベッドなどのデカい家財道具や家電の処分に困ってしまいやめてしまったそうです。

行政の粗大ゴミ回収に出そうとしても朝早くに出てしまうので指定の時間帯に出せなかったり、粗大ゴミ回収シールが分かりづらかったとのことです。民間運営の業者だったら1日中受けいれている所も存在するそうですよ。


「無料で粗大ゴミを回収します」って耳にしたりしますけど実際は、どういった方法によって無料で回収できるのでしょうか。回収したものを修復して再利用しているとか、家電を分解して、使える部分を換金している業者もあるそうです。



こういった理由をHPに載せている風な業者であったら片付けの時に査定を依頼して良いのではないでしょうか。
それに対し、このような背景を記載していないのに「無料で回収します。
」と言ってくるケースになると、引き取ったあとに不法に国外輸出している場合や違法投棄しているというのもあるので信頼に値するかの目安になると思います。
実は最近、粗大ゴミ回収に関するトラブルの相談数が多くなってきているみたいです。

「不要な品を回収します」とPRしながら町中を進む粗大ゴミ回収業者が周辺を走行していて、「ちょうど良いチャンスだから回収してもらうことにしよう」ということでちゃんとした見積もりを取らないで依頼をした結果、トラブルが発生してしまっていると考えられます。
例えば、見積もり外で引き取るものが増えた以外で、料金が増えている、見積もりと違う料金請求をされた。



あなたも信用できる業者を見つけ出してみてください。
ここ数年、特ダネで孤独死という文言を聞きます。何とか検索してみると、主に一人暮しの方がどなたにも看取られることもなく自宅内で亡くなる事を言うようです。もしも、周囲で孤独死があった瞬間にしなければならないのが遺品整理になります。



こういう遺品整理の場合では粗大ゴミ回収業者がたびたび利用されるそうです。

集めていた本であったり軽い物・小さい物は捨てやすいですけどソファなどといった大きな物は重かったりして廃棄しづらいし一旦家に持ち帰るわけにもいかないですよね。


トラック1台パッケージ等を活用するのが良いかもしれませんね。片づける空き時間がなくてモノのみが増加していくばかりこんなはめになっている人も目立つようになっていると聞きます。
そうなると夜間に片付けするくらいしかないですよね。
粗大ゴミ回収業者をお探しの方には、最大5社まで無料で一括見積もりを行なってくれるエコノバがおすすめです。
回収費用の安さだけで決めずに、エコノバなどで事前に見積もりを取ることが大切になります。

そうなったら夜間でも応対してくれる回収専門業者を調べるしかないと思います。

ランキングサイトに目をやると24時間即日対応できますが売りの業者もありました。


業務などで多忙を極め時間に追われている方にとっては電話1本であなたの都合のよいタイミングで依頼可能なので夜中しか自宅にいない方でも活用できますね。このように探してみると夜間の対応を行ってくれたりみんな一人ひとりの条件通りの業者がきっと見つけられると思います。リアル社会を運行する回収専門業者を見ることがあります。「ちょうど故障して処分に参ってるから申し込もう」と思ったりすることございますよね。

果たしてその業者はふさわしいんでしょうか?なぜなら、詐欺に似た業者は馴染み客を作るということが出来ずPR宣伝もできないので駆け込み営業もしくはトラックで「不要な物を回収します」とPRしながら通りを走る以外ないためです。

なので、粗大ゴミを回収してもらうならば、とにもかくにもあなた自身から携帯電話ないしはメールでお願いをしましょう。



その時、いくつかの会社から査定を取って、他の業者との差が大きくないか確認しましょう。



年ごとに、整理できない人が増加しているそうです。その言い訳として「まだ、利用できるから不経済」「きっと使うかもしれない」ということが多いとのことです。必要不可欠なものとそうでないものの違いを明確にしましょう。

例を挙げると、パッと見て捨てていいかよくないかの決断をしてしまう、数年間使っていないものは捨てることにするなど廃棄するポイントを明確にすることでものを処分できるはずです。その際には、必ず複数の業者から見積もりを取りましょう。
見積もり料金を比べて自分の希望条件にあった粗大ゴミ回収業者選びをしましょう。

粗大ゴミ回収に関するお役立ち情報

粗大ゴミ回収の依頼なら
\まずはエコノバで無料見積もり/

今すぐ粗大ゴミを片付けるなら